ミニチュアシュナウザー

老犬

老犬の食欲不振はどうする?5つの方法で解決

困っている人

老犬が食欲不振で困っています。

食べさせるには、どうしたらいいのでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 老犬の食欲不振について
  • 老犬が食欲不振で気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、老犬の食欲不振について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の老犬になって、食欲不振になり、サポートできたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、老犬が食欲不振でしっかり対応すれば、おだやかな生活ができますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

老犬の食欲不振について

ミニチュアシュナウザー

下記の5つを意識して、老犬に食欲不振に対応していきましょう。

  1. 老犬が食欲不振以外は大丈夫?
  2. 老犬が食欲不振になったら、動物病院に行くことが最優先
  3. 老犬の食欲不振は、食事を変える
  4. 老犬が食欲不振だったら、散歩はどうする?
  5. 老犬が食欲不振になる前に保険の準備

それでは1つずつ解説していきます。

①老犬が食欲不振以外は大丈夫?

ミニチュアシュナウザー

老犬が食欲不振になったら、食事をとらない意外に、体調が変化してないか考えてみましょう。

老犬が食欲不振になる以外に、

あなたの老犬は大丈夫?チェックしてみましょう。

  • お腹を触ってみて痛がらないか
  • 鼻が乾いていないか
  • 下痢をしていないか
  • お腹がなっていないか
  • 便秘をしていないか
  • 体を舐めていないか
  • 震えていないか、
  • 散歩を嫌がらないか
  • 目やにがたまっていないか

などチェックしてみましょう。

老犬が食欲不振の場合は、症状を把握して、できれば箇条書きでいいので、メモに起こして、早急に動物病院に受診することをおすすめします。

<<老犬が食欲がない場合>>の対処法は、こちらでお話しています。

②老犬が食欲不振になったら、動物病院に行くことが最優先

ミニチュアシュナウザー

老犬が食欲不振になったら、早急に動物病院の診察を受けましょう。

動物病院で病気とわかれば、治療が始まるし、健康だったら、食欲不振をどう解決してあげるか、老犬の食べさせる方法を考えていきましょう。

老犬の食欲不振は、とにかく早く動物病院で診てもらうようにしましょう。

老犬が食欲不振だったら検査をしてもらう

老犬が食欲不振なら、積極的に検査をしてもらうといいでしょう。

血液検査をしてもらうと、炎症の数値など、老犬の食欲不信の原因がわかる場合があります。

体調によっては、エコーやレントゲンなど詳しい検査をしてくれる場合があるので、とことん調べてもらい、老犬の食欲不振の原因を探っていきましょう。

③老犬の食欲不振は、食事を変える

ミニチュアシュナウザー

老犬の食欲不振は、命に関わることなので、早めの対応が必要です。

今までとは違う食事にして、食欲不振にならないように気をつけてあげましょう。

老犬は、栄養補給が第一。体力が落ちないように、食事はしっかりとらせてあげましょう。

老犬の食事についての考え方については、こちらでも紹介していますので、参考にして、食事をさせてあげましょう。

食欲不振ならこちらもおすすめです。うちの愛犬もお世話になりました。

老犬の食欲不振ならブッチ ドッグフード

 

④老犬が食欲不振だったら、散歩はどうする?

ミニチュアシュナウザー

老犬が食欲不振になるのは、老化で動きが鈍くなったり、足腰が弱くなり、運動が足りないこともあります。

老犬が散歩に行きたがるかどうか、散歩に出たとしても、足腰の具合や、途中で帰りたがらないかなど、注意深く観察する必要があります。

老犬の調子が悪かったら、リードを引っ張っても、抵抗したり、がんと動かなくなってしまうこともあるかもしれません。

老犬が病気であったとしても、足腰の筋肉が低下しないように、無理をせず、少しの運動をしておく必要です。

立っているだけでも、運動になるので、老犬の食欲不振が解消されるかもしれません。

⑤老犬が食欲不振になる前に保険に入っておく

ミニチュアシュナウザー

老犬が食欲不振になる前に、ペット保険に入っておくと、急な病気になっても保険で対応できるので、便利です。

以前ですと、老犬の保険加入には年齢制限があり、加入するのは難しかったのですが、最近、老犬でも加入できる保険も出てきました。

老犬が食欲不振になると、どうしても病気になっている可能性が高いのも事実です。

備えあれば憂いなし。

老犬が食欲不振などの体調不良を起こす前に、老犬でも入れる保険の検討をしてみましょう。

いざというときに

高齢犬だからってあきらめないで、子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!  

老犬の食欲不振で気にすべきこと

老犬の食欲不振になったら、とにかく食べさせることを最優先にしましょう。

命を守る食事です。

動物病院と相談しながら、甘いもので糖質をとり、脂分もとっていきます。

老犬の食欲不振は、いのちにかかわることなので、しっかりと対応してあげましょう。

老犬の食事についてのこちらの記事がおすすめです。

まとめ

今回は、老犬に食欲不振にお話しました。

  1. 老犬が食欲不振以外は大丈夫?
  2. 老犬が食欲不振になったら、動物病院に行くことが最優先
  3. 老犬の食欲不振は、食事を変える
  4. 老犬が食欲不振だったら、散歩はどうする?
  5. 老犬が食欲不振になる前に保険の準備

老犬の食欲不振は、とにかく早めの対応がおすすめです。

安易に考えず、運動不足なのか、病気なのか、味が合わないかなど、愛犬に寄り添いながら、いろいろ試して、体調管理に努めていきましょう。

うちにミニチュアシュナウザー は、もともと食が細く、老犬になってからさらに食欲不振になり、動物病院に何度もお世話になりました。

老犬の食欲不振は、危険なこともあります。

自分だけでは判断せず、専門家の獣医さんのアドバイスをもらいながら、適切な対処方法が大事だと感じています。

老犬が食欲不振になった場合は、手がかかることもあるでしょう。

せっかく出会った愛犬なので、愛情いっぱいに、かわいがってあげましょう。

老犬の食事についてのこちらの記事もおすすめです。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5