ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は大変?3この特徴で飼いやすい犬になる!

困っている人

ミニチュアシュナウザー は飼うのが大変そうです。

初めて犬を飼うのですが、大丈夫でしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • ミニチュアシュナウザー が大変なわけ
  • ミニチュアシュナウザー が大変なのは、頑固な性格
  • ミニチュアシュナウザー が大変なのは、皮膚が弱いから
  • ミニチュアシュナウザー が大変なことで気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え噛み癖の問題行動トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、ミニチュアシュナウザー が大変なことについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する3つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、ミニチュアシュナウザー のしつけをしっかりやれば、大変なことはないですよ。

最後までじっくりと読んでしつけをしてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

ミニチュアシュナウザー が大変なわけ

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー が大変にならないように、下記の3つを意識すれば、飼いやすい犬になります。

  1. 無駄吠えはしつけで治そう
  2. 噛み癖は放置しない
  3. 引っ張り癖は散歩で治す

それでは1つずつ解説していきます。

①無駄吠えは、しつけで治そう

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、しつけをしないと吠えやすくなるからです。

ミニチュアシュナウザー が吠えることで大変になってしまうのは、おくびょうだったり、警戒心が強い性格だからです。

ミニチュアシュナウザー は頭がよく、聡明な性格なので、しっかりとしたしつけをしていけば、無駄吠えも少なく、大変なことはありません。

犬はある意味、吠えるのが仕事なので、それをやめさせるのは、大変かもしれませんが、しっかりと気長にやることが大切です。

うちのミニチュアシュナウザー もすごく吠える犬で、夜は寝ることができないぐらい、大変でうるさかったのですが、無駄吠えのしつけによって治すことができました。

<<無駄吠えのしつけ>>はこちらで解説しています。

②噛み癖は放置しない

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、噛み癖や甘噛みをする子が多いからです。

噛む癖をしっかりとなおしておかないと、あとあと飼う間、大変困ることになります。

甘噛みを放置しておくと、ケージや、スリッパや靴下や衣類、テーブルなどの家具などなんても噛んでしまう癖がついて、大変になってしまいます。

子犬のうちにしっかりとしつけをして、甘噛みをなくすようにしておきましょう。

ミニチュアシュナウザー は留守番が苦手なので、<<留守番のしつけ>>をして、大変にならないようにしておきましょう。

ミニチュアシュナウザー は、噛み癖のしつけをしっかりして、治らないなら、噛んではいけないものにスプレーして、根気よく教えていくことが大切です。

ミニチュアシュナウザー はしつけをしないと、飼うのが大変になるので、頑張りましょう。

<<犬が噛む理由>>については、こちらで解説しています。

③引っ張り癖はしつけで治す

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、体の大きさのわりに、力が強いことです。

ミニチュアシュナウザー は、個体差が大きい犬種で、小さい犬は4キロ前後ですが、ミニチュアシュナウザー といえども、<<体重>>が10キロを超える犬も少なくありません。

<<ミニチュアシュナウザー の大きさ>>については、こちらでお話ししています。

ミニチュアシュナウザー は、小型犬に入りますが、力もかなり強いので、引っ張られたら、コントロールするのが大変です。

ミニチュアシュナウザー を飼うのなら、引っ張られると大変なので、わがままな犬 にしないように、しっかりとしたしつけをしていきましょう。

<<ミニチュアシュナウザー の特徴>>については、こちらでお話ししています。

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、性格が頑固だから

ミニチュアシュナウザーの運動

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、性格が頑固で、とにかく1番でないと気がすまないからです。

例えば、散歩に連れていく時、飼い主より先に行きたがたったり、帰るときは1番におうちに入りたいなど、まるで人間の子供のように、競って一番になりたがります。

玄関の出入りはいいのですが、1番なりたい行動はなおしておかないと、事故の原因にもなりかねないし、ミニチュアシュナウザー が飼うのが大変になります。

ミニチュアシュナウザー は、<<従順な性格>>なので、主従関係をしっかりと作って、大変にならないようにしておきましょう。

<<犬の主従関係の作り方>>はこちらでお話ししています。

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、皮膚が弱いから

ミニチュアシュナウザー が大変なのは、皮膚がとても弱い犬種だからです。

皮膚が弱いことで、湿疹になってしまうと、痒がって大変なので、清潔な被毛を保つようにしましょう。

ミニチュアシュナウザー のトリミングの回数は、それほど多くなくてもいいですが、シャンプーやブラッシングをして、しっかりとケアをしてあげましょう。

<<ミニチュアシュナウザー のトリミング>>については、こちらでお話ししています。

また他の犬に比べて、抜け毛が少ないのも特徴です。

<<ミニチュアシュナウザー の抜け毛>>についてはこちらでお話ししています。

またミニチュアシュナウザー は匂いも少ないので、飼う上でとても楽です。

ミニチュアシュナウザー が皮膚病になってしまうと大変なので、こまめにシャンプーをしてあげて、清潔を保ってあげましょう。

<<犬のシャンプーのやり方>>については、こちらでお話ししています。

ミニチュアシュナウザー の大変なことで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザーは大変なので、 むやみに人に預けない

ミニチュアシュナウザー は、とても力が強く大変なので、リードを他人に預けないようにしましょう。

愛犬のミニチュアシュナウザー をかわいがってくれるからと、他人や子供、また高齢のご両親などには、リードをむやみに預けて、ケガをさせてしまったら、大変です。

ミニチュアシュナウザー は、とても従順な性格ですが、予想もつかない行動をすることがあるので、気をつけて、人とのコミュニケーションをしていきましょう。

ミニチュアシュナウザー が大変についてのまとめ

今回は、ミニチュアシュナウザー の大変なことについてお話ししました。

  1. 無駄吠えはしつけで治そう
  2. 噛み癖は放置しない
  3. 引っ張り癖は散歩で治す

ミニチュアシュナウザー は、大変な面もありますが、とても賢く、人懐っこくて、人間味あふれる犬種です。

お友達にもなれるし、兄弟にもなれるし、自分の子供のようにもなりかけがえのない家族になってくれます。

ミニチュアシュナウザー は飼うのが大変と思われるかもしれませんが、しっかりと性格を理解して育てればとてもいい子に育ってくれますし、生活の糧になります。

ボクはミニチュアシュナウザー を飼って、大変なこともたくさんありますが、幸せな日々を送ることができました。

ミニチュアシュナウザー は、とってもおすすめな犬種です!

<<犬を飼う最後の年齢>>という記事もおすすめです。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミニチュアシュナウザー
-, ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5